W不倫(ダブル不倫)で遠距離になってもラブラブな関係を維持する秘訣とは?

大好きな彼と離ればなれになることほど、つらいものはありませんよね。

気持ちはずっと側にいたくても、現実としてなかなかうまくいかないことは多々あります。

やむを得ない事情により遠距離恋愛になってしまったW不倫カップルの貴女に、ラブラブな関係を維持する秘訣を6点お教えしますので、ぜひ参考にしてください。

 

①異性の話をしない

彼にやきもちを妬いてほしくて、軽い気持ちで貴女の周りにいる異性の話をしてしまう事もあるかもしれません。

ですが、それは絶対にしないでください。

遠距離になり会えない時間が増えてしまうと、相手に対して、どうしても疑いの気持ちが出てきてしまうものです。

 

距離が近く比較的頻繁に会える状況であれば、彼のやきもちも、ちょっとした恋のスパイスとして楽しめるかもしれませんが、遠距離では絶対にタブー。

会えない時間でやきもちはどんどん膨らみ、それはやがて大きな疑心となります。

 

ラブラブな状態で遠距離になってしまったのであればなおさらです。

疑心に捕らわれてしまった彼に、貴女の言葉が届かなくなってしまっては、距離が遠い以上、簡単に修復することもできません。

遠距離のW不倫を維持するコツは、彼に一途な気持ちを伝え続けることなのです。

 

②会う頻度を変えない

遠距離になってしまった以上、以前に比べてそう簡単に会えなくなってしまいますよね。ましてやW不倫という関係では、なかなか時間も自由に使えないかと思います。

おそらく、ほとんどのカップルはあらかじめ予定を立てて、念入りに計画を練って会うことになるのではないかと思います。

一度立てた予定は、可能な限り実行することが大切です。

 

ですが、お互いにパートナーがいる以上、急に都合がつかなくなってしまうことだって十分に考えられます。

その場合は、時間を置かず近いうちに、少しの時間だけでもいいので会うように努めてください。

 

最初に立てた予定通りの、デートの密度である必要はありません。ですが、一度予定をキャンセルした状態で埋め合わせをせずに時間が空いてしまうと、どうしても寂しくなって、心が離れがちになってしまいます。

お互いに、「恋人に会いたい」という気持ちを隠さずに実行することで、ラブラブな状態を維持すること出来るのです。

 

ただし、貴女の独りよがりで相手の都合も聞かぬままに会いに行っては、大きな問題になることも考えられます。

「わがまま」「思いやり」をはき違えないように気を付けてくださいね。

 

③自分磨きを怠らない

大抵の男性は、「好きな人にはいつまでもキレイでいてほしい」と思うようです。

女性からしても、「好きな人にはキレイだと思われたい」という心理はありますよね。

単純な話ではありますが、やはり効果はあります。

 

久々に会った時に「キレイだね」と言われたら嬉しいですよね。しばらくニコニコ機嫌よく過ごせちゃうかも。

ですが、「彼」ではなく自分のパートナーに、「あれ?なんか気合い入れて化粧してる?」「なんか今までより派手になったな?」と勘繰られては困りますので、あくまでも、今までと同じように、今までより手を抜かないように、現状維持で頑張りましょう。

 

④相手の予定や動向を把握しようとしない

遠距離恋愛で大切なことは、「相手を信用して、束縛しない」ことです。

そして同時にとても難しいことでもあります。

なかなか会えない焦りや、彼のパートナーや回りの異性に対する嫉妬心などは当然出てきてしまうものだと思います。

 

ですが、ここでグッとこらえることが、ラブラブでいるための大切なポイントとなるのです。

実は、彼が貴女のことを愛していなければ、この「相手を信用して、束縛しない」というのは成り立ちません。

(好かれていない、体の関係だけであれば、貴女から離れたとたんに大切にする理由が薄れてしまいますからね。)

 

遠距離でも尚ラブラブでいたいと言うことは、少なくても貴女は彼に愛されているという実感があるのでしょう。

なら、貴女は彼を信用して、相手の予定や動向を把握しようとする、束縛的なことはやめましょう。

 

⑤自分の予定や動向は可能な限り連絡する

さて、上記では「彼の予定や動向を把握しようとしない」とありますが、貴女の予定や動向は積極的に連絡しましょう。

彼だって、貴女のことを愛していれば、もちろん貴女の予定や動向は気になるものです。

ですが、彼にも貴女にもお互い別のパートナーがいる以上、「深く詮索できない」という心理が働いてしまします。

 

そこで、彼を安心させるためにも、貴女から積極的に自分の予定などを連絡したほうが良いのです。

「バレる可能性があるからまめに連絡できない、しないようにしてる」といったW不倫カップルももちろんいると思います。

その場合でも、例えばSNSの活用などで相手を安心させてあげれればいいですね。

 

⑥愚痴や不満は言わない

遠距離恋愛で、久しぶりに会った愛おしい彼に、今まであったこと「あれもこれも」と言いたくなる…、そんな気持ちは痛いほどわかります。

ですが、その勢いのまましゃべり倒すのはNGです。

 

特に、ネガティブな発言は絶対に控えて下さい。

彼だって仕事や家庭の疲れがあるのは同じこと。貴女に会ってその疲れを癒しに来たのに、愚痴や不満などはとてもウンザリするものです。

言葉が持つ力というのは想像以上に大きいもので、言葉を発する人、受け取る人に大きな影響を与えます。

 

「貴方に会えてうれしい」「今日はとっても楽しい」といったポジティブな言葉で彼と一緒に明るく楽しい時間を過ごしましょう。

もし、勢いあまって愚痴や不満が出てしまった場合は、「でも、今日貴方に会えたからどうでもよくなっちゃった!」なんて、かわいく撤回してみてくださいね。

 

大切なのは信頼すること

いかがでしたでしょうか?

W不倫(ダブル不倫)で遠距離になってもラブラブな関係を維持する秘訣として、6点紹介しました。

遠距離になってしまうときに、カップル間でいろんな約束事を決めるかもしれませんが、あまり難しくしては、続けれなくなってしまうどころか、そのまま破局になってしまう危険性も高くなってしまいます。

 

まずは、お互いに負担にならないよう好きという気持ちを依存とはき違えずに、ある程度自立することが大切です。

そして、相手を信頼して、彼に会った時に思いっきり楽しめるよう、普段から自分磨きをしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です